象印マホービンが新高値、炊飯ジャーの高いブランド力を評価

 象印マホービン<7965.T>が続伸し年初来高値を更新した。調理用家電・リビング用品の専業大手で、炊飯ジャーやステンレスボトルでのブランド力が高く、東証と大証統合後は評価が一段と高まる動きとなっている。今13年11月期は円安のよる海外生産品の原価上昇の影響を受け連結経常利益で27億円(前期比22.1%減)と減益の見通しだが、中国ではIH炊飯ジャーやマイコンジャーが好調に推移しており、海外での拡販効果に期待する向きも多い。

象印マホービンの株価は10時44分現在371円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)