丸紅がサウジアラビアでコジェネレーション電力蒸気販売契約結ぶ

 丸紅<8002.T>は29日、サウジアラビアで現地資本のアルジョマイと共同で、サウジアラムコ向けコジェネレーション案件の電力蒸気販売契約を結んだと発表した。今後、丸紅は日揮<1963.T>、アルジョマイとアラムコの間で特別目的会社を設立、アラムコがサウジアラビア東部州のアブカイク地区、ハウイヤー地区、ラスタヌーラ地区に保有する3つの石油関連施設にコジェネレーションプラントを建設して、20年間にわたり電力と蒸気の販売を行う。コジェネプラントの設備容量は電力が900メガワット、蒸気は毎時1500トンで、総事業費は約6億5000万米ドル。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)