ゼネパッカーが13年7月期業績見込みを上方修正、高価格の給袋自動包装機など伸長

 ゼネラルパッカー<6267.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年7月期の業績について、従来予想の売上高42億円、経常利益1億円を上回り、売上高45億1300万円(前の期比22.4%増)、経常利益1億3500万円(同4.8倍)になりそうだとの上方修正を発表した。国内食品業界向けを中心に更新需要や新企画商品に関連する設備需要が増加し、高価格の給袋自動包装機や包装システムの販売が増えたことに加えて、為替差益を計上したことから利益が膨らんだとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)