【売り】津田駒工業 (6217) 中国景気後退の懸念が続く中、買いが入りにくい展開か = フェアトレード 西村 剛

中国景気後退の懸念が続く中、買いが入りにくい展開か
■注目銘柄
津田駒工業 (6217)

■注目理由
同社は繊維機械の国内トップ。同社の海外売上比率は約75%となっており、海外での売上が大半を占めている。また、海外での売上の大半はアジア圏であることから、同社株価は、アジア、特に中国の景気動向に左右しやすい傾向がある。中国のシャドーバンキング問題が騒がれる中、中国経済のバブル崩壊懸念がくすぶり続けているため、同社株へ積極的な買いが入ることは期待できにくいだろう。直近の株価は、5月に高値を付けて以降、下落トレンドを形成しており、9月も軟調な展開となる可能性が高いと判断した。なお、過去のデータでは、9月売り勝率は82.6%となっており、例年9月は下がりやすい傾向があることが確認できる。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:82.61%
平均損益(率):4.18%
平均利益(率):8.01%
平均損失(率):-14.02%
--------------------------------------