【売り】大和証券グループ本社 (8601) 証券株は9月に下がりやすい傾向がある = フェアトレード 西村 剛

証券株は9月に下がりやすい傾向がある
■注目銘柄
大和証券グループ本社 (8601)

■注目理由
同社は、総合証券会社2位。年初以来の株式市場の上昇を追い風に今期は、大幅な増収増益を見込んでいる。好調な業績が期待できるものの、9月は例年株価が下がりやすい傾向がある。過去のデータでは、9月売りの勝率は73.9%となっており、株価が下がりやすい傾向が確認できる。銀行・証券株は、株式相場との相関性が高い特徴を持っている。3月決算企業の中間決算が海外で稼いだ売上を円に戻すレパトリの動きが出て、為替が円安に進む傾向があるため、輸出関連株の割合が大きい日本株に下げに連動して、銀行・証券株も軟調に推移する傾向がある。例年の傾向通りの相場展開となれば、同社株価は軟調に推移する可能性が高いと判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:73.91%
平均損益(率):5.97%
平均利益(率):9.71%
平均損失(率):-4.63%
--------------------------------------