東芝は堅調、SMBC日興証は目標株価を690円引き上げ

 東芝<6502.T>が堅調。SMBC日興証券は29日付リポートで投資判断「1」を維持、目標株価を従来の670円から690円に引き上げた。
 リポートでは「投資判断の継続理由は、目標株価は現行株価に対し70%強の上値余地があり、NAND(フラッシュメモリー)事業では14年3月期第1四半期に営業利益率が25%程度まで改善したほか、中長期的にも国内外で火力・原子力を中心とした発電分野の拡大が見込まれるなど、産業用エレクトロニクスセクター内において、依然として優位性が高いと判断。NAND事業などの好調を背景に、当証券では、14年3月期通期は売上高6兆1600億円(前期比6.2%増)、営業利益3000億円(同54.4%増)、当期純利益1300億円(同67.7%増)と増収大幅増益を見込む」としている。

東芝の株価は9時41分現在396円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)