富士重工が続伸、業績上振れ観測が強まる

 富士重工業<7270.T>が続伸。7月の生産・国内販売・輸出実績(速報)で、生産・販売とも過去最高を記録したことが引き続き好感されており、今3月期は為替前提レートを1ドル=90円、1ユーロ=120円に設定していることから、業績上振れ観測が強まっている。PERは15倍台と割安感も働く。

富士重工の株価は13時48分現在2398円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)