<動意株・30日>(大引け)=アタカ大機、リミックス、オークファンなど

 アタカ大機<1978.T>=ストップ高。29日に、飛灰からの放射性セシウム分離除去に関する新技術を開発したと発表しており、これを好感した買いが朝方から入った。同社では、消却灰や飛灰の溶融処理で発生する溶融飛灰を洗浄して放射性セシウムを水へ抽出し、水に移行した放射性セシウムをプルシアンブルーを用いた液中合成化学共沈法によって分離除去・濃縮し、放射性二次廃棄物を低減化する技術を7月に発表しているが、長期保存における安全性などに懸念が残っていた。そこでこれを発展させ、天然鉱物であるゼオライトに吸着させることで安定的に長期保管可能な形態で固定化する技術を開発したという。

 リミックスポイント<3825.T>=連日のストップ高。28日に売買単位を100株にするため、9月末割り当てで1対100の株式分割を実施するとともに、100株を1単元とする単元株制度を採用すると発表したことをきっかけに買い気が盛り上がっており、全般手掛かり材料難のなか人気が集中するかたちになっている。投資金額の実質的な変化はないが、流動性向上による先高期待が短期資金を呼び込んでいるようだ。

 オークファン<3674.T>=急反騰。29日引け後に、世界中のオークション・ショッピングサイトを一括で検索できる「グローバルオークファン」のスマートフォン版をリリースしたと発表。文字通り「いつでもどこでも」世界中のモノの価格比較が可能となることから、利用者拡大による収益への貢献が期待されているようだ。

 ジャパンベストレスキューシステム<2453.T>=連日のストップ高。この日の午前中に、子会社バイノスが、大林組<1802.T>、ニルフィスクアドバンス(神奈川県横浜市)と共同で、アスファルトやコンクリート面の除染に効果的なサイクロンシステムに、業界で初めて新種微細藻類による水処理設備を搭載した道路除染システムを開発したと発表したことが好感されている。バイノスの新種微細藻類を活用することで洗浄水の連続浄化・再利用を可能とし、これにより作業時間の大幅な短縮を実現したもので、省資源化にも役立つとして注目されている。

 日本金銭機械<6418.T>=反発。超党派の国会議員で作る「国際観光産業振興議員連盟」(通称カジノ議連)が秋の臨時国会で「カジノ法案」の提出期待が高まるなかで、ゲーミングシステムで世界的な地位を誇る同社への注目度も再度高まっている。将来的にカジノが国内で合法化となれば、同社は紙幣識別機などの導入に意欲を見せており、「カジノ法案」の動向が注視される。

 日本システム技術<4323.T>=反発。株価は下落基調が続いていたが、一株純資産889.77円に対して時価はPBR0.7倍の水準であることから値ごろ感が高まっている。大学向けのパッケージ事業は、パッケージ周辺のシステム受託が好調に推移、医療ビッグデータ事業の受注も拡大しており、今14年3月期は通期連結営業利益で4億円(前期比27.3%増)を見込んでいる。業績面での不安はなく時価は下げ過ぎといえそうだ。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)