コマツが反発、中国PMI好調が買い誘う

 コマツ<6301.T>が6日ぶり反発。ここ株式市場にとってリスク要因だった中国経済に対する懸念がやや緩和されてきた。1日発表された8月の中国のPMIは景気判断の分かれ目となる50を11カ月連続で上回っており、1年4カ月ぶりの高水準となったことで中国景気減速リスクが後退している。同社は中国向けに売上依存比率が高く、中国関連株の筆頭に掲げられているだけに、中国PMIの好調が買い戻しにつながった。

コマツの株価は9時10分現在2181円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)