ドル円、下降チャネル上限レベル。

マーケットコンディション
先週末のドル円は、98.32円で始まり、欧州時間、株価の下落に引きずられ
97.87円の安値を付けた。その後じりじりと買い戻され、8月米ミシガン大
消費者態度指数確報値がポジティブな発表となり、98.35円近辺まで戻った。
その後は、米国が3連休ということもあり、大きな仕掛けは無く
98円前半で推移し98.18円でクローズをむかえた。
ドル円、下降チャネル上限レベル。
直近ではシリア問題など継続中であるが、大きな下降チャネルの上限レベルまで
到達している。(5/22の高値-7/8の高値を直線で引いた下降チャネル)
アベノミクス効果で上昇し、その後の大きな乱高下した流れを再度アベノミクス
上昇の形を作るには、この下降チャネルを突破しなければならない。
その為には、99円を突破し、9/23に付けた99.14円越えが必須となる。
9月の第一月曜は米国の祝日(労働祭)ではあるが、値幅がそれ程なければ
一仕掛けで、上抜ける可能性があると予測する。
☆戦略
買い方針

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(7/22の高値)
100.00
99.93(8/2の高値)
99.14(8/23の高値)
99.00

-------------------------------------------------------

97.44(8/29の安値)
96.81(8/28の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は9月2日9:40に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。