東芝が3日続伸、スマートメーター全国共通化検討報道が株高後押し

 東芝<6502.T>が3日続伸。全般相場は為替市場での円高傾向が一服していることもあって、輸出主力株への買い戻しを誘っている。そうしたなか、7月下旬以降に大きく調整を入れた同社株にも買いやすさから物色資金が回っている。また、経済産業省が次世代電力計(スマートメーター)を全国でほぼ共通仕様とする検討を始めると1日付日本経済新聞が報じており、スマートメーター世界最大手のスイス子会社を擁する東芝にとって株価の後押し材料として作用したもようだ。

東芝の株価は10時5分現在397円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)