ホンダが反発、インド向け拡販戦略報道受け押し目買い

 ホンダ<7267.T>が反発。1日付の日本経済新聞が「インドで新型車を相次ぎ投入、需要旺盛な小型ディーゼル車を3車種追加するほか、家族向けに人気の7人乗りタイプも発売する」と報じたことを受け押し目買いが入った。販売店も6割増の250店体制とし、16年度の販売台数を12年度の4倍の30万台に引き上げると伝えている。株価は前週末まで4日続落し、買い戻しが入りやすいタイミングにあり、PERが11倍台と割安なことも買い気を誘ったようだ。

ホンダの株価は10時25分現在3570円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)