川重が6日ぶり反発、高進捗率を評価した買い入る

 川崎重工業<7012.T>が6日ぶり反発。シリアへの米国による空爆先送りに加え、為替が足もと1ドル=98円台後半へと円安傾向に振れていることから、主力輸出株に物色資金が回っている。そのなか、同社は業績面で裏付けのある総合重機大手として外国人投資家などからの買い戻しが利いている。13年4~6月期は航空宇宙、船舶海洋、二輪車などが好調で営業利益段階で168億円と前年同期比約2.5倍の高変化を遂げた。通期業績見通しは据え置いているが、会社側予想の営業利益600億円見通しは進捗率を考慮して上乗せは濃厚とみられる。

川重の株価は13時23分現在353円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)