NIPPOが反発、「国土強靭化」テーマに押し目買い

 NIPPO<1881.T>が5日ぶり反発。アベノミクスの第2の矢である財政出動は「国土強靭化」のテーマを大義名分にインフラ関連株全般へ物色資金を誘導する背景となっている。
 そのなか、道路舗装の最大手である同社は国策恩恵を享受する銘柄の一角としてマークされており、株価調整により値ごろ感が生じたことでリバウンド狙いの買いが入った。同社は橋梁の長寿命化などで独自技術を有し、強靭化のテーマでは同業他社に比べ一日の長がある。

NIPPOの株価は14時39分現在1650円(△71円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)