今週は重要イベント多く、神経質な展開続く可能性

下ブレして13300円水準以下あれば、少しづつ買っていくところ
 先週は、22日(木)に13238円のザラ場安値をつけたあと、23日(金)に△295の13660円の大幅反発となったことで三角保ち合いの下限に達しての反発であるため、今度は三角保ち合いの中で上限を目指す動きを想定しました。当面は13300~14000円のボックスの中で13300円に接近すれば買い、14000円台で利食いという投資となるとしました。
 しかし、アメリカの金融政策を巡るイベントを控えて海外資金の流入も少なく売買に盛り上がりを欠いていたところにシリア空爆報道が出て、金融・自動車など主力株が大幅下落となり、28日(水)は一時▼354の13188円と約2ヶ月ぶりの13200円割れとなり、終値は▼203の13338円となりました。29日(木)は△121の13459円と反発するものの、週末30日(金)は▼70の13388円で引けました。
 今週は、週末9月6日(金)にアメリカの雇用統計や7日(土)のオリンピック開催地決定を控えて神経質な展開が想定されます。目先のシリア攻撃も局地的で短期のものであればある程度織り込んでおり、材料出尽くしとなる可能性があります。この場合は、下値は13000~13300円が抵抗ゾーンであり、この水準では買っていくところです。シリア攻撃は中旬以降に先延ばしされましたが、長期化すればもう一段下も想定しておくことが必要です。
 週明け9月2日(月)は、シリア攻撃が先送りとなったことで目先の不安が後退し、為替が円安に振れたこともあり、買い戻し優先となって△184の13572円で引けました。出来高・売買代金とも減少し、薄商いの中を先物主導による上昇ですが、8月23日の13774円を終値で超えると短期の買転換出現となって14000円水準までの上昇が期待できます。ただし、市場ボリュームが増加しない限り、指数だけの上下動の可能性が高いので、基本的に様子見といえます。