99円手前短期トレードが現実的か

次の展開が定まるまで待つのも手
今週のオープニングは上方向に窓を開ける展開となりました。
ただどこまでも上がっていくとそういう感じではなく、99円くらいがリミットだと思っています。
よって、限定的な上への動きを意識しつつ、次の動きが始まるのを注視するイメージでしょうか。

相変わらずシリア情勢と量的緩和についての懸念は残っていますが、これらについての現時点での情報はだいたい織り込まれている状態でしょうか。

テクニカル的には、ドル円の日足チャートで形成されている三角形の上限ブレイクに注目です。

三角形を上に抜けたあとは、直近高値の99円14銭が控えており、このあたりを突破できるかが今後の展開のカギになるでしょう。

ただ短い時間足では手前ですでにダイバージェンスがついているため、なにか強い情報がない限り、99円の手前でストップされる可能性が高いです。

どちらにせよ、このあたりから上値がズッシリ重い展開になっていきますので、99円手前までの短期トレードに限定するか、一度様子見をして今後の展開が定まるのを待つのも立派な戦略です。