今夜から明朝の注目材料は? =外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜から明朝の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は朝方に株の上昇を見越した円売りが入り、上昇。99.70円前後で上値を押さえられると一旦上げ幅縮小となりましたが、午後に入るとジリジリと上昇しています。この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ考えてみましょう。

9/3(火)
18:00 (ユーロ圏) 7月生産者物価指数
23:00☆(米) 8月ISM製造業景況指数

9/4(水)
10:30☆(豪)第2四半期GDP [前期比]
※☆は特に注目の材料

ドル/円については、米8月ISM製造業景況指数がまず注目です。
54.0との市場予想が出ており、これよりも強ければドル買い、弱ければドル売りで反応するでしょう。ドル高が進んだ場合、株高・米長期金利上昇なども重なって勢いがつけば、ドル/円は100円台乗せとなる可能性もあります。

また、豪ドル/円は明日発表の豪第2四半期国内総生産(GDP)の発表にも注目です。