アマガサが7月中間決算を発表、出店コストなど増加し増収減益に

 アマガサ<3070.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(2~7月)連結決算を発表しており、売上高34億8500万円(前年同期比14.4%増)、経常利益1億6300万円(同3.5%減)となった。既存店売上高が2ケタ増となったことで売上高は伸長したが、宣伝費や出店・改装に伴うコストが増加し利益を圧迫した。
 なお、14年1月期通期業績予想は、売上高65億5600万円(前期比6.6%増)、経常利益3億300万円(同6.7%減)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)