あす(4日)の株式相場見通し=〝売り手控え〟で続伸、反転上昇へ変化の兆し

189b3ff92

 あす(4日)の東京株式市場は、海外株式相場の堅調や、外国為替市場での円安持続を支援材料に、〝売り手控え〟の傾向も強まり日経平均株価は続伸することになりそうだ。
 市場関係者は「一時的ながら、シリア情勢に対する警戒感が和らぎ、欧州株の上昇や外国為替市場での円安・ドル高につながった。閑散商いが続くなかでの上昇だけに、継続性に疑問は残るものの、反転上昇への変化の兆しは感じられる」としている。
 3日の東京株式市場は、前日の欧州株上昇や外国為替市場での円安進行を受けて朝方から買いが先行し、全面高の展開。日経平均株価終値は、前日比405円高の1万3978円と高値引けで大幅続伸。前日と合わせた2日間の上昇幅は589円と600円近くに達した。
 日程面では、安倍晋三首相がロシア・アルゼンチン訪問(~9日)、日銀・金融政策決定会合(~5日)、2日時点での給油所の石油製品価格に注目。海外では、米ベージュブック、米7月の貿易統計、米8月の新車販売台数が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)