セコム、災害情報配信 ネットとリアルの融合が「肝」

ニュースを半歩先読み術
セコム、災害情報配信 日本経済新聞 企業総合 5面

セコムが災害情報配信サービスを開始するとのことです。ツイッターなどのネットの口コミ情報を分析して、警備員など3万5千人の社員を現場に急行させ状況を確認、この情報をスマホ向けにリアルタイムで情報を流すそうです。これは、非常にニーズが高そうなサービスですね。このサービスの肝は、セコムの持つネットワークです。ネット情報だけだとデマの可能性があるので、実際に人が目で見た情報を組み合わせるところでしょう。災害情報だけでなく、気象情報や交通情報なども組み合わせたほうがよりよいサービスになるので、気象情報の ウェザーニューズや、連結ベースで177,008名(13/3)の社員を持つ宅配便のヤマトホールディングスなどと連携したサービスになれば、もっと価値が高そうです。

風株

(9735) セコム (東証1部)

桶屋銘柄

(9064) ヤマトホールディングス (東証1部)
(4825) ウェザーニューズ (東証1部)

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。