◎欧米外為市場サマリー

 3日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=99円56~57銭と前週末に比べ1円40銭の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=131円13~17銭と同1円30銭強の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米・8月ISM製造業景況感指数は55.7と市場予想(54.0)を上回る結果となり、一時、99円80銭台まで円安・ドル高が進んだ。ただ、米共和党ベイナー下院議長による「オバマ大統領のシリア軍事行動を支持する」との発言が広まると、シリア情勢への警戒感から円買い・ドル売りが優勢となり、99円台半ばへ値を戻した。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3169~70ドルと前日に比べ 0.0049ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)