アマガサしっかり、7月中間決算増収減益もアク抜け感強まる

 アマガサ<3070.T>がしっかり。3日の取引終了後に発表した第2四半期累計(2~7月)連結決算は、売上高34億8500万円(前年同期比14.4%増)、経常利益1億6300万円(同3.5%減)となったものの、ほぼ事前予想の範囲内であったことから決算通過によるアク抜け感が強まっている。既存店売上高が2ケタ増となったことで売上高は伸長したが、宣伝費や出店・改装に伴うコストが増加し利益を圧迫した。
 なお、14年1月期通期業績予想は、売上高65億5600万円(前期比6.6%増)、経常利益3億300万円(同6.7%減)の従来予想を据え置いている。

アマガサの株価は9時47分現在730円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)