シャープが反落、SMBC日興が目標株価を引き下げ、ファイナンスリスク増す方向と指摘

 シャープ<6753.T>が反落。この日はSMBC日興証券が3日付で投資判断「3」を継続し、目標株価を250円から200円に引き下げたことが観測されている。太陽電池事業を中心に利益見通しを増額し、同証券による業績予想を営業利益で14年3月期を725億円から850億円へ、15年3月期を同800億円から950億円に増額したが、脆弱な財務状況を踏まえれば、ファイナンスリスクは増す方向にあると指摘。このリスク要因を目標株価算出に織り込んだ結果、目標株価を引き下げるとしている。

シャープの株価は9時51分現在384円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)