昭和シェルが年初来高値更新、好業績背景に上昇一途

 昭和シェル石油<5002.T>が3日続伸で約1カ月ぶりに年初来高値を更新。下値に買いが厚く、一貫した上昇トレンドで注目を集めている。原油市況は足もと上昇一服だが、シリア情勢など有事リスクを背景に高止まりしており、在庫評価で利益上乗せ要因となっている。また、注力している太陽電池販売が順調に拡大しており業績に貢献、13年12月期の連結最終利益は従来予想の260億円から480億円と85%の大幅上方修正となった。7月末以降は上向き急勾配の25日移動平均線に一度も接触することなく上げ足を強め、物色人気の強さを印象づけている。

昭和シェルの株価は10時12分現在1012円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)