<前場の注目銘柄>=日農薬、中期計画を前倒しクリア

 日本農薬<4997.T>の上値に期待したい。早晩、年初来高値1223円払拭を果たして、新波動入りの公算が大きい。

 同社は農薬専業の国内トップメーカー。日本のTPP交渉参加に伴い、国内農業に対する政策支援の思惑が強まるなか存在感を高めている。

 また、同社は海外での高実績が光る。米国西海岸でダニが大量発生したことを受け、同社が手掛ける殺ダニ剤が大幅な伸びを示しているほか、園芸用殺虫剤の販売絶好調で業績を牽引している。

 中期計画で掲げる「15年9月期営業利益56億円」は、増額が濃厚視される13年9月期に2年前倒しして楽々クリアの可能性が高まっている。14年9月期も増益は確保されそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)