任天堂が3日続伸、「ポケモン」など新ソフトへの期待高まる

 任天堂<7974.T>が3日続伸、日経平均採用への思惑もあり出直る動きを強めてきた。米国と欧州で10月12日から発売される携帯ゲーム機「ニンテンドー2DS」に対する懐疑的な見方や、据え置き型ゲーム機「Wii U」の米国と欧州での9月からの値下げによる利益率悪化懸念が台頭していたが、ハードの普及が進めば、今後の新作ソフト販売で大きな支援材料になるとの期待が高まっている。携帯機向けでは10月12日に世界同時発売となる「ポケットモンスター X・Y」やWii U向けでは「スーパーマリオ3Dワールド」など大作ソフトの発売も控えており、今後の動向が注目される。

任天堂の株価は10時42分現在1万2100円(△240円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)