日特建設が大幅続伸、台風シーズン迎え水害対策関連として関心高まる

 日特建設<1929.T>が大幅続伸、株価は前日比24円高の366円まで買い進まれた。台風シーズンを迎え、水害対策関連として市場の関心が高まっている。台風17号は温帯低気圧に変わったが、西日本では大雨が続いており、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水が警戒される状況。同社は国内の大規模ダム基礎工事の大半を施工、ダムや河川の土木工事に優れた技術を持ち、ゲリラ豪雨対策でも注目されている。

日特建設の株価は13時3分現在366円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)