オリンパスが後場急落、損失隠しで英重大不正捜査局が刑事訴追との発表を嫌気

 オリンパス<7733.T>が後場急落し一時、前日比180円(6.3%)安の2700円をつける場面があった。この日の正午に、同社の損失隠しを巡って英国の重大不正捜査局(SFO)がオリンパスと英子会社ジャイラス社を英国会社法違反の罪で刑事訴追し、出頭要請を受領したと発表したことを嫌気。同事件に関連して海外で刑事訴追を受けるのは初めてで、同社では「裁判の結果並びに当社及びジャイラス社が有罪とされた場合に科されうる罰金額の水準を見積もることが困難であるため、本件が当社グループの当期以降の業績に与える影響は不明」とコメントしていることから、業績に与える影響が懸念されている。

オリンパスの株価は14時1分現在2790円(▼90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)