オプトが10月1日付で東証1部か2部へ市場変更、売り出しと実質増配も発表

 オプト<2389.T>がこの日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受け、10月1日付で東証1部、または2部へ市場変更することになったと発表した。これに伴い、流動性向上に向けて215万株の売り出しとオーバーアロットメントによる売り出し30万株の実施を併せて発表。売出価格は17日から20日の間に決める予定で、東証では価格決定日以降に市場区分を公表する。
 また同時に、従来未定としていた13年12月期の期末一括配当について、普通配当9円に、市場変更の記念配当15円を実施し24円にすると発表。1月1日付で1対200株の株式分割を実施しているため、前期の年間配当は分割換算で18円50銭となり、5円50銭の増配となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)