あす(5日)の為替相場見通し=99円台後半での攻防も

 あすの東京外国為替市場の円相場は、99円台後半を中心とした攻防となりそうだ。予想レンジは1ドル=99円20~100円00銭、1ユーロ=130円50~132円20銭。この日は米ISM製造業景況感指数が強めの数字となり、円売りが優勢な展開が続いた。ただ、シリア情勢には不透明感もあり、99円台後半まで円安が進んだ後は円買い戻しが強まった。この日は米国で7月貿易収支と8月新車販売台数が発表される。また、あすは日銀金融政策決定会合の結果発表と日銀黒田総裁の会見がある。日銀会合では景気判断が上方修正されるとの観測が出ている。さらに、20カ国・地域(G20)首脳会議も開催され、米国の量的緩和に対する要人発言などが注目される。もっとも、週末の米8月雇用統計が近づいており徐々に警戒感が高まりそうだ。100円近辺ではオプション絡みの円に対する防戦買いも予想されるだけに、一進一退が続く可能性がある。
 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)