NISAが拓く投資の未来・・・本当に儲かっている銘柄はコレ!

ニュースを半歩先読み術
ISAが拓く投資の未来 日本経済新聞 全面広告 22~25面面

少額投資非課税制度(NISA)の全面広告が4Pに渡って掲載されています。テレビや雑誌などでもこのNISAについての広告があふれています。現在の制度では、NISA口座は一人一口座しか開設できず、最長四年間は金融機関を変更できないため、銀行・証券がNISA口座獲得競争にしのぎを削っているからです。このように、獲得競争が激化すると金融機関は儲かりにくいでしょう。

NISAで儲かっている(売上が上がっている)のは、下記の2社となりそうです。

数多くの金融機関のNISAへのシステム対応を行っている

(4307) 野村総合研究所 (東証1部)

また、証券会社のバックオフィス業務を請け負っている

(8692) だいこう証券ビジネス (東証1部)

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。