三井ハイが4連騰、円安進行による14年1月期業績予想の上方修正好感

 三井ハイテック<6966.T>が4連騰。株価は一時、前日比50円高い685円まで買われている。4日の取引終了後、14年1月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高580億円、経常利益18億円から、売上高595億円(前期比8.9%増)、経常利益27億円(同25.9%増)に上方修正したことが好感されている。為替が円安で進行したことに加えて、為替差益が発生したことなどが要因としている。
 同時に発表した第2四半期累計(2~7月)決算は、売上高298億2300万円(前年同期比5.7%増)となった。円安の影響に加えて、電子部品では環境対応製品などの新製品が寄与。また、材料歩留まり向上などの原価低減にも取り組んだことも奏功した。

三井ハイの株価は9時38分現在662円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)