東邦チタが大幅高、新日鉄とのチタン事業連携を材料視

 東邦チタニウム<5727.T>が大幅高で4日続伸。新日鉄住金<5401.T>は4日、新潟県直江津製造所のチタン中間製品の製造部門の一部を分社化し、14年4月1日付で東邦チタニウムから34%の出資を受け入れると発表した。航空機向け炭素繊維の需要が拡大しているが、耐久性の面から炭素繊維と相性の良いチタン需要も増加傾向にある。これを背景にインゴット製造のノウハウで強みを持つ東邦チタとの連携を図る方針をみせており、東邦チタにとっても新日鉄住金との資本提携に伴う業容拡大期待から株高思惑を呼び込んでいる。

東邦チタの株価は9時45分現在777円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)