カルナバイオが一時S高、分子イメージング用プローブ試薬バイオベンチャーを完全子会社化

 カルナバイオサイエンス<4572.T>が急伸、一時前日比1万5000円高の9万5200円ストップ高まで買い進まれた。4日取引終了後に簡易株式交換により分子イメージング用プローブ試薬などを取り扱うバイオベンチャーProbeXを完全子会社化すると発表したことを受け買い気が盛り上がった。10月1日付で株式交換を行う。ProbeXが持つ相補型スプリットルシフェラーゼアッセイ技術が同社の創薬事業の目的に合致すると判断、ProbeXをグループに取り込むことでキナーゼタンパク質に加え、ユーザーからの要望が強かったGタンパク質共役型受容体についても安定発現細胞製品と受託試験サービスを提供していく。

カルナバイオの株価は9時58分現在9万1700円(△1万1500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)