日米経済イベントは「追い風」となるか=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

日米経済イベントは「追い風」となるか
ドル/円相場は依然として100円目前で頭が抑えられているが、下値は限られ、エネルギーが蓄積されているように見える。
本日も引き続き、この突破を狙う流れになるだろう。

本日は日本では日銀の金融政策発表(時刻未定)や黒田日銀総裁の記者会見(15時30分開始)、米国では8月ADP全国雇用者数(21時15分)や新規失業保険申請件数(21時30分)、8月ISM非製造業景況指数(23時)など、重要経済イベントが多い。

黒田総裁が消費増税と絡めて追加緩和への積極姿勢を見せたり、米経済指標に良好なものが相次ぐようなら、ドル高・円安圧力になる。100円近辺にはかなり大量の売り注文が並んでいると見られるが、追い風となる材料が重なれば100円突破の可能性は十分にあると見る