ゴールドマン証が「逆風が追い風に転換」の日本株戦略を発表、出遅れ優良株に注目

 ゴールドマン・サックス証券が5日付で、「逆風が追い風に転換」と題した日本株のポートフォリオ戦略を発表している。
 それによると「消費税増税の決定の遅れやFRB(米連邦準備制度理事会)の緩和縮小を巡る不透明感、円安の失速、原油価格の高騰など、5月以降の10%の株価調整を引き起こした要因の多くは今秋には好転、もしくは霧散するだろう」としている。
 具体的には、「今秋は設備投資減税、補正予算審議、原発再稼動、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉などで進展が見られよう。法人税率の即時引き下げや労働市場の劇的改革を期待する投資家を落胆させる可能性があるが、デフレ脱却や企業利益拡大の証左を探している投資家は、今後数カ月間にポジティブ・サプライズを経験する可能性があろう。コア・インフレ率は5年来最高水準の0.7%増、14年3月期第1四半期経常利益は、前年比47%増となった。当社は、米国成長加速、中国、欧州の需要底打ち、さらなる円安が一段の収益拡大を後押しすると見込み、今後3、6、12カ月のTOPIX(東証株価指数)目標水準を、それぞれ1250、1300、1400で継続する」としている。
 なお、今秋に見込まれる株価反発に備えて、ファンダメンタルズが良好な出遅れ優良株を選別し、そのうち投資判断「買い」の銘柄として、ホンダ<7267.T>、セブン&アイ・ホールディングス<3382.T> 、ネクソン<3659.T>、高島屋<8233.T>、カシオ計算機<6952.T>、太陽誘電<6976.T>をあげている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)