いちごHDが反落、短期的な過熱感から利益確定売り相次ぐ

 いちごグループホールディングス<2337.T>が反落。直近の五輪関連銘柄物色の流れで3連騰していたが、株価は前日高値まで3日間で約3割上昇しており、短期的な過熱感から目先の利益を確定する売りが相次いでいるようだ。同じくジャスダック市場で同様に3連騰していたレーサム<8890.T>もこの日は反落しており、五輪関連として買われていた不動産関連株には上昇一服感が感じられる。

いちごHDの株価は11時30分現在441円(▼16円)
レーサムの株価は11時30分現在15万円(▼3700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)