<動意株・5日>(前引け)=カルナバイオ、邦チタ、三井住友

 カルナバイオサイエンス<4572.T>=一時ストップ高。4日取引終了後に簡易株式交換により分子イメージング用プローブ試薬などを取り扱うバイオベンチャーProbeXを完全子会社化すると発表したことを受け買い気が盛り上がった。10月1日付で株式交換を行う。

 東邦チタニウム<5727.T>=大幅高で4日続伸。新日鉄住金<5401.T>は4日、新潟県直江津製造所のチタン中間製品の製造部門の一部を分社化し、14年4月1日付で東邦チタニウムから34%の出資を受け入れると発表した。航空機向け炭素繊維の需要が拡大しているが、耐久性の面から炭素繊維と相性の良いチタン需要も増加傾向にある。

 三井住友建設<1821.T>=急伸。ゼネコンや素材メーカーが、老朽化した橋やトンネルなど社会インフラの寿命を延ばす新技術導入に乗り出すと5日付日本経済新聞が報じた。政府は老朽化したインフラの再整備に予算を重点配分し、民間各社は橋梁の寿命を従来の50年程度から100年へと2倍に延ばす。そのなか同社は西日本道路と共同で、新設する際に100年以上の耐久性を持つ橋の実用にメドをつけたと伝えられ、これが大きく好感されている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)