パピレス、イーブックなど電子書籍関連が高い、「キンドル」新製品発表で市場活性化に期待

 パピレス<3641.T>、イーブックイニシアティブジャパン<3658.T>など電子書籍配信銘柄が買われている。アマゾンジャパン(東京都目黒区)が4日、電子書籍端末「キンドル」の新製品を10月22日に発売すると発表したことを受けて、電子書籍市場が活性化するとの見方から買われているようだ。「キンドル」新製品は、価格は現行版より2000円高い9980円に設定されたものの、コントラスト比が向上したほか、ストレージを4ギガビットに拡大した点が特徴。現行版の「キンドル」投入で国内の電子書籍市場が活性化が活性化した経緯があるだけに、新製品によるさらなる活性化が期待されているようだ。

パピレスの株価は13時26分現在3275円(△155円)
イーブックの株価は13時26分現在2112円(△142円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)