CVSベイが急騰、信用規制横目に上値追い加速

 シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687.T>が急騰。「大口資金の買い攻勢思惑」(中堅証券営業体)を背景に上げ足が加速している。昨年1月から4月にかけても特定筋の買いがハヤされ株価を3倍化させた経緯があるが、今回はその時につけた高値水準を一気に上回る上昇(株式分割後修正値)をみせているほか、信用取引は直近買い残、売り残ともに急増し、信用倍率1.2倍台のがっぷり四つ状態で取組妙味を演出、仕手化様相が一段と強まっている。
 東証が前日売買分から信用取引での委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げる臨時措置を発表したが、前日はこれを嫌気した提灯筋の投げを吸収し小幅安で踏みとどまり、きょう改めて買い攻勢を仕掛け、踏み上げを誘っている。

シーヴイエスの株価は13時58分現在228円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)