アマダが続伸、3カ月ぶり800円台を回復

 アマダ<6113.T>が4日続伸、一時26円高まで買われ5月29日以来約3カ月ぶりに800円台を回復。足もとの企業の設備投資回復の動きを追い風に、金属加工機で国内屈指のシェアを持つ同社にも見直し買いが流入している。前期に買収したレーザー機器大手のミヤチテクノスの連結対象化が寄与しているほか、増産指向を強める自動車向け部品加工が好調で今3月期業績は営業利益段階で前期比3.4倍の155億円見通しと急回復。15年度までに世界売上高倍増を目標とするなど強気の中期計画も底流に、早晩5月20日の年初来高値897円をにらむ展開となりそうだ。

アマダの株価は14時47分現在797円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)