サッポロドラが8月中間業績予想を上方修正、出店時期変更で出店コストが想定下回る

 サッポロドラッグストアー<2786.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(2~8月)連結業績予想を従来予想の売上高236億5000万円、経常利益4億5000万円から、売上高243億7000万円(前年同期比3.4%増)、経常利益5億2000万円(同7.3%減)に上方修正した。販促強化により売上高が想定を上回ったことに加えて、新規出店にかかわる賃料などの経費が出店時期の変更に伴い減少したことなどが利益押し上げにつながった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)