あす(6日)の株式相場見通し=利益確定の売り先行、米雇用統計前に手控え

3d63dddd4

 あす(6日)の東京株式市場は、同日日本時間夜間発表の米8月の雇用統計や、IOC総会(日本時間8日早朝発表予定)での2020年五輪開催都市決定を前にして、買い手控えムードが強まりそうだ。そのなか利益確定の売りが先行し、日経平均株価は5日ぶりの反落が予想される。
 ただ、5日夕刻の外国為替市場で、7月25日以来ほぼ1カ月半ぶりに1ドル=100円台へと円安・ドル高が進行した経緯もあり、ここから円安・ドル高が一段と加速するような場面があれば、自動車など輸出関連の主力銘柄を中心に、改めて買いが優勢となる可能性もある。
 5日の東京株式市場は米国株高や為替の円安を受けて寄り付き買い先行で始まり、その後は利益確定売りが出るなど、プラス圏とマイナス圏を往来する動きとなったが、結局日経平均株価終値は、前日比10円高の1万4064円と小幅ながら4日続伸した。
 日程面では、9月の金融経済月報、7月の景気動向指数速報値、8月の携帯電話・PHS契約数に注目。海外では米8月の雇用統計、EU非公式外相理事会が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)