商船三井、川崎汽など買われる、海運市況回復に円安の追い風

 商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>など海運株が高い。出足から買いが優勢で海運セクターは業種別騰落率で値上がりトップにある。ひと頃と比べ中国経済の景気減速リスクが緩和されており、これを背景に海運市況はここ回復基調を強め、鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況の状況を示すバルチック海運指数は約1年8カ月ぶりの高値水準まで戻している。また、ドル建て決済の海運セクターにとって為替の円安も追い風。ドル円相場は足もと1カ月半ぶりに1ドル=100円台に円が下落していることから、為替による収益上乗せメリットも意識されている。

商船三井の株価は9時29分現在433円(△8円)
川崎汽の株価は9時29分現在245円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)