味の素が下げ渋る、中国生産体制再編を材料視

 味の素<2802.T>が下げ渋っている。5日に中国の深センのグループ会社で行っている冷凍食品の生産を香港のグループ会社へ移管、今月中に生産を開始すると発表した。生産統合による合理化に加え、深センと香港を一体運営することで生産、販売両面で競争力を高めることが狙い。海外事業拡大が期待され下値には買いが入っている。

味の素の株価は9時26分現在1253円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)