東京計器が5日続伸、シリア地政学リスクで思惑買い続く

 東京計器<7721.T>が5%超の大幅高、全般軟調相場の中で5日続伸と気を吐いている。米国のシリアに対する軍事介入は先送りされているものの、介入の可能性は高く、開幕したG20では日米の対シリアでの連携が確認される見通しだ。同社は防衛省向けに航海・航空計器の納入実績が豊富で、防衛関連株の一角として思惑買いが続いている。業績面も好調、「F-15戦闘機」関連受注の計上で下期に収益急浮上、今3月期通期の経常利益は前期比2ケタ増益の21億5000万円が予想されている。

東京計器の株価は9時55分現在255円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)