ツクイが3日ぶり反発、SMBC日興は投資判断「1」で目標株価1500円

 ツクイ<2398.T>が3日ぶり反発。この日はSMBC日興証券が投資判断をノーレーティングから「1」とし、目標株価を1075円から1500円に引き上げたことが観測されている。目標株価と時価水準のカイ離がセクター中央値を上回ると判断。業績については14年3月期はデイサービスの開設コスト増加や開設時期の下期偏重、また、昨年度の法改正に伴う人件費の増加などから成長率は1ケタ台にとどまるが、15年3月期以降の成長に向けた先行投資期であることから前向きに評価するとしている。また、会社計画の経常利益43億2000万円に対しては、デイサービスの収益性が保守的な印象であることに加えて、新規開設数が会社計画を下回り、有料老人ホームの開設時期も遅れるとみることから会社計画ほど投資負担はかからないとみて計画は達成可能とみており、会社計画を上回る46億円を予想しているという。

ツクイの株価は10時15分現在1146円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)