アルチザが大幅反落、今期74%の大幅増収で黒字浮上見込むも利益確定売り優勢に

 アルチザネットワークス<6778.T>が大幅反落。5日取引終了後に発表した前13年7月期の連結決算は前の期比40.8%の大幅減収で、赤字に転落したが、今7月期の売上高は前期比73.9%増の18億5000万円と大幅増収、経常利益1億1100万円(前期2億600万円の損失)を見込むなど、営業、経常、最終利益まで全段階で黒字転換を予想した。ただ、次世代通信規格LTE-Advancedの研究開発投資本格化に伴う業績急回復は事前に観測されていたようで、利益確定売りが優勢になった。株価は前日まで4日続伸し、直近安値から約15%上昇していた。

アルチザの株価は10時22分現在3万100円(▼2350円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)