三菱ケミカルHDが続落、ナフサ半年ぶり高値で収益への影響を警戒

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>が続落。6日の日本経済新聞が「ナフサが半年ぶり高値、欧州産の流入減見込む」と報じたことで買いが手控えられたようだ。原料高を受け、国内の合成樹脂メーカーは春先に打ち出した値上げの浸透を急ぐと伝えているが、原料価格上昇に対する販売価格転嫁の遅れによる収益への影響が警戒された。

三菱ケミカルHDの株価は11時30分現在466円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)