極洋、マルハニチロHDなど水産株が下落、汚染水問題の深刻化を嫌気

 極洋<1301.T>、日本水産<1332.T>、マルハニチロホールディングス<1334.T>の水産株が下落。東電福島第一原子力発電所の汚染水問題で、漏れ出した汚染水が地下水にまで到達したおそれがあると各種メディアが報じていることから、海への流出の拡大が懸念され、水産物の需要減少につながるとの見方が強まっている。また、韓国政府は6日、福島県など8県でとれた水産物の輸入を9日から全面禁止するとも伝わっており、国内以上に海外で問題が深刻にとらえられていることも懸念材料の一つとなっている。

極洋の株価は11時30分現在260円(▼11円)
日水の株価は11時30分現在202円(▼4円)
マルハニチロHDの株価は11時30分現在183円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)